魔法の国から

とけい

時計が届きました。

箱を開けると静かに眠っていました。

ゼンマイを巻くと静かに動き出しました。

魔法の国から

今使っている腕時計は、電波時計でソーラー発電仕様です。
いつも完璧な時を刻んでくれています。
ほかの時計を見ると、「〇分遅れている」と思うことがあります。
私の時計は正確な時刻を刻み続けているのです。

でも、今の生活にそんに正確な時刻が必要なのかと思ってしまうことがあります。
もっと、ゆったりとした時を刻む時計があってもいいのではと思います。

時計職人さんの手作りで、文字も一つ一つペンチで曲げて作られています。
機械式で、毎日デンマイを巻かないと止まってしまいます。
それに、日差±60秒。1日に一分ほどの誤差が出るそうです。


星が出ていなくても、太陽が輝いていなくても、時を知りたい。
そんな思いが込められているような時計です。

タイムパプセルの中には

カメラ(SH3)が故障して入院中・・これで3回目。
そういえば、XF1(カメラ)が乱心したのはいつだったのだろう?
このカメラ(XF1)も2回の入院し、
とある日ご乱心して、露出超オーバーにしか撮れなくなってしまった。
(露出オーバーと言っても、真っ白になるくらいです)
そのままにしてあったXF1を取り出してみると、SDカードが入ったままになっていた。
SDカードに記録されている画像を見ると・・!

紫陽花
紫陽花が咲いていた頃のことです。

紀ノ川河原を散歩していると・・・何かいる。
なんだ?
なんだ。



エイだ
エイだ!


大きいぞ。60cmくらいある。
・・・エイの標準的サイズってこんなものかな。


60cmくらいのエイ


思い出した。 紀ノ川でエイを目撃したことを。

ご乱心したカメラの中のタイムカプセル(SDカード)にこんなものが保存されていました。

そして雨が降った

下り坂
<雲に覆われていく夜空>

昨日の美しい巻雲は天気の下り坂を示すものだったようです。
夜が更けるとともに空が雲に覆われてきました。

そして雨が降り始めました。
しとしとと。

雨の日に


雲の夕景

3月12日日没

日曜日の日没
カメラが美しい雲に誘われたようです。

春になると巻雲がよく見られるようになります。
巻雲が見られると天気が下り坂のことが多いようです。
明日は、曇り? それとも雨がぱらつくのかな?


先に日記でホトケノザのことを書きましたが、
更地にこんな感じでたくさんのホトケノザが生えてきていました。

荒れ地にホトケノザ

ささやき

ささやき

更地にたくさんのホトケノザが顔を出していた。
4月から家が建設される予定の何もない土地の最初の住人。

3.11の津波の後、
掻き回された土地に、ここでは絶滅してしまったと思われた植物が芽を出した。
そんな記録があります。

ここに芽生えてきたホトケノザたちはずっと家の下の地面の中でこの時を待っていたのでしょうか。

☆撮影メモ☆
二つのホトケノザは前後に離れていました。
絞りを開放にすると1つのホトケノザにしかピントが合いません。
しかし絞ると、バックが煩雑になってしまいます。
カメラを三脚に載せ構図を決めて、二つのホトケノザそれぞれにピントを合わせて2枚の写真を撮りました。
それをパソコンで合成・調整して1つの作品にしました。
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード