グループ風見鶏写真展

写真展04041
4月4日~5日 グループ風見鶏の写真展を 開催しました
ほんとうに たくさんの方々が 来てくださいました
ありがとう ございます

写真展0404
山の写真 鳥の写真 そして 私のお花の写真 の 3人展です
地元の山野草愛好家さんが まとめられた写真ファイルも 展示していただきました
それぞれの視点や個性が 心地よいハーモニーを創り出してくれたように感じます


和歌山の片隅の 小さなガレージで行った小さな写真展
来てくれる方がいるのだろうか と 思って迎えた 初日は 雨でした
そんな予想に反して たくさんの方が来てくれました

写真展0405
来ていただいた方々は ていねいに 1枚1枚の写真を 見てくれていました
写真についての感想やコメントも たくさんいただきました
「写真は 見てくれる方との コミュニケーションが あって 作品となる」と
言われた写真家さんが いました
この写真展で そのことを実感することが できました

この写真展に関わっていただいた方々 ありがとうございました
見に来ていただいた方々 ありがとうございました
二日間 2回も 来ていただいた方もおられました ありがとうございました
となりで 開催されたアートフラワー展の方々 ありがとうございました
ほんとうに いい二日間を 過ごさせていただきました

ほんとうに いい二日間をすごさせていただきました

写真展04052

紀伊風土記の丘で

写真展から一夜明けた月曜日
今日はお休みをいただき 桜の撮影を と 思っていました
疲れているのでしょうか ぼんやりと していたい気分でした

朝食後 妻も行くというので 風土記の丘へ出かけました
桜見上げて
満開の桜を 見ながら ぶらぶらと

桜散る
風が桜の花びらを ふっと散らしていきます
いい感じに 花びらが舞っていました

桜の空
空には 絹雲がたなびいていました






春の日没

日没4月6日1
うすい雲を纏った太陽が沈んでいきました
どこか ぼんやりしたような ゆっくりと沈んでいくような
そんな 春の日没は 好きです

日没4月6日2
太陽が のんびりと沈んでいきました

夜 窓を開けると
春のにおいで いっぱいでいた

月と桜にさそわれて

星なびの表紙のように

一つの夢がありました
天文雑誌「月刊星ナビ」の表紙を飾っているKAGAYAさんのイラスト
星天日和
あのイラストのような写真を撮ってみたい


夜桜がきれいな 月夜でした
誘われるように カメラと三脚を持って 出かけました

街灯に照らされた桜 ちょっとぼんやりかすんだ月 
風もほとんどなく 長時間露光でも ぶれないだろう
静かに シャッターをきりました
31mm F:4.3 10秒露光 ISO100 Canon EOS 5D Mark II

こぶしの花

こぶし
4月6日 撮影 紀伊風土記の丘

「私のこどもたちへ」 という歌を知ってますか
♪・・近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう・・

桜が満開の山 
その 片隅に 静かに 咲いていました
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード