スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏草

日曜日のお散歩

草の影 夏を感じます
なつくさ
OLYMPUS PEN E-P2 17mm
この写真のような草と影を見て どんなことを思い出しますか
私は 夏休み 
毎日 虫取り網を持って走り回った日



散歩コースに 小さな川があります
小さな橋もたくさんあります
まるで あみだくじのようなコース
気の向くまま橋を渡ったり 渡らなかったり


空に向かったまど
窓
OLYMPUS PEN E-P2 17mm

小さな橋を渡ると 大きな窓がある家があります
もう誰も住んでいない古い家

昭和の初期だったのでしょうか はっきりと覚えてませんが
ある女性が いつも星を眺めていました
あるとき 見慣れぬ星が輝いているのに気づきました
手元にあった星図で確認しても 記載されていません
どうしよう と 思いながら 毎夜 その星を眺めました
思いきって 天文台に連絡しました
その星は 新星でした でも すでに発見されていた星だったのです
・・ そんな話を読んだことがあります  
ほとんど 忘れてしまっていますが 
毎夜毎夜 どきどきしながら 窓を開けるシーンをはっきりと覚えています

そのとき 開けた窓
私の中では このような窓です
大きく天に開いた窓です


夏草の匂いが 懐かしく感じたお散歩でした
スポンサーサイト

夏の1日がすぎていきます

蝉は鳴いているけど
8月だけど
夏だなぁ と思わない
そんな1日が過ぎていきました

日が落ちて 涼しくなってきたので
外に出てみました
蚊が たくさんやってきました
蚊取り線香をつけよう
蚊取り線香の香が 漂ってきました
でも 夏だなぁと あまり感じない


瓶の蓋

瓶やペットボトルに入った飲料水
どうやって飲みますか?
私は コップに入れて飲みます
その方が おいしいです
そんな気がします
こぽこぽって 注ぐときもおいしそうですよね
気分も大事ですよね


窓を開けると 三日月が輝いていました

沈む三日月
RICOH GRdigital3

久しぶりって感じです 月見るなんて
「久しぶりだねぇ 月見るなんて」って歌ありましたね
月見るって なかなかいいものです

ここ4日ほど 籠っておりました

ちょこっと 外を見ると
もう 風草がすくっと伸びていました
キリギリスが鳴いていました

夏の時間が コトリと一歩進んだようです
8月の時計の針は”10分”のところを指しています


以前 観葉植物をたくさん集めて楽しんでいました
大きくなりすぎたヘデラを 南側に植えておきました
それが 南の窓を覆うように伸びています
結構 すずしく感じます
緑陰というのでしょうね
晴れた日は特にすずしく感じます
植物の蒸散作用が 空気中に打ち水をしてくれているのでしょう
葉っぱから気化するとき 気化熱を奪ってくれているのでしょうね

やろう やろうと 思ってできなかった
アサガオのグリーンカーテン
来年こそ やりたいと思います

ひさしぶりに 空を眺めると

雲がきれい・・
くも1
OLYMPUS E-420 25mm
彗星は空の秩序を乱すもの と
ずっと昔の人は思ったそうです
いつもの星空に 突然現れる ほうき星
なんだ なんだ なんか悪いことがおこるのか
なんて 思ったのでしょうね

いつもの空 いつもの星空であることで
安心しているのでしょね 知らぬ間に・・


飛行機雲が すっと通っていました


くも2
OLYMPUS E-420 25mm
飛行機が まだ 無かったとき
こんな雲が見えたら どう思たのでしょう

なんだ なんだ あの一本の雲は
なんか 起こるんとちがうか
なんて 空を見上げたのでしょうか

それとも 
おお! 天に道がかかったぞ!
みんな 見てみろ 
きっと 今年は 豊作じゃ!!



ほんとに きれいな雲が 浮かんでいました
絵に描いたような雲でした
絵に描いたような雲
OLYMPUS E-420 25mm

昆虫少年


久しぶりに 本当に久しぶりに 開いた
ファーブル昆虫記 

夏の風が運んでくれる蝉の声を聞きながら
開きました

一つひとつの言葉が やさしく ゆっくりと届いてきます


ファーブル先生は 蝉の声を やかましい と書いています
少年のころは そうなんだ 蝉の声は やかましい
たしかに・・と思った でも 夏休みは蝉を求めて 走りまわっていました
私には やかましいとは 感じませんでした
「閑けさや 岩にしみ入る 蝉の声」の方が しっくりときました

ファーブルは 南フランスで過ごしながら研究をすすめました
フランスと日本の蝉 同じようでちがったのです
フランスの蝉は 日本の蝉より単調で機械的な声でなくそうです
そうなんだ だからファーブル昆虫記で 蝉の声がやかましいと書かれていることに
やっと 気付きました   きちんと解説されているのに 読み飛ばしていたのですね


ファーブル昆虫記


風鈴の音が 心地よく聞こえるのは 鈴虫の声に似ているから
と 言われます
虫聴き そんな言葉があります
虫の声を楽しむって「日本特有」って とある雑誌に書いてました
西洋の方には 虫の声は 雑音のようにしか聞こえないと言われる とも書いてました

そうなんかなぁ って 思いながら

もしかしたら 
日本の虫って すてきな声で鳴いているのかなぁ 


ファーブル昆虫記を読みました
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。