あけましておめでとうございます

     冬の花

      2012年 
     あけまして おめでとう ございます
      時間日記をご覧いただきありがとうございます
       見た事 感じた事 思った事
      それを振り返るように書いています
        
          白い花
     
       今年も時間日記を書いていきたいと思います
           よろしくお願いいたします
                     時間泥棒

1月1日

年末の風景
車を洗っている 磨いている 
そんな光景をよく目にします

Kが 「年末になると 車を洗いたくなるんとちがう」
なるほどと思える一言

新年になると・・初詣・・
旧年中無事過ごせたことへの感謝と
新年も無事過ごせるように と 神社へお参りします


初詣
RICOH GRdigital

これも見たくなる「ゆく年くる年」が終わったあと
Iが「初詣に行こう」と 
近くの神社に出かけました


木星新年2012
Canon EOS5D2 70-200mm プロソフトンA

2012年 年明けの西空に 木星が輝いていました


元旦の新聞は特大号
これも楽しみの一つ 
新年特大号
RICOH GRdigital

分厚く重なった新聞を見ると
お正月だなぁ と感じます
特に読むでもなくぱらぱらとめくったりしてみます
笑顔や日本の風景が いつもよりたくさん掲載されています
それを眺めていると お正月だなぁ と思えます


今年は いつもと違う神社に 出かけました
うららかな正月
RICOH GRdigital
どうして この神社かと言うと

たま福袋
RICOH GRdigital
これが欲しかったのです
(スーパー駅長)たま福袋!

駅のホームで 駅員さんが売ってました
さすが スーパー駅長の福袋って 感じです

あれ 切符買わないといけないのかなぁ と思っていると
切符売り場のおねえさんが 笑顔で どうぞ と言ってくれました

たま福袋は
RICOH GRdigital
中身はこんな感じでした


正月の山茶花
RICOH GRdigital

おだやかなお正月を絵に描いたような
やわらか光のあふれる2012年1月1日でした

パソコンの横の新年
RICOH GRdigital


初荷

初荷
RICOH GR digital

「初荷」と書かれた封筒

それは 1年前時間日記「忘れていたものを」で書かせていただいた本
それが 出版され 届けていただきました

2012年1月5日初版第1刷発行

開封と同時に読みふけりました

そこには 夢がありました
そこには 忘れてしまいそうな大切なものがありました

Kさん
忘れかけていたものを届けてくださってありがとうございました

「空とぶマネキン人形」

時間日記「初荷」で書かせていただいた書籍
著者の加茂昭さんから「紹介してもいいよ」とのメールをいただきました
あらためて 初荷「空とぶマネキン人形」を紹介させていただきます

空とぶマネキン人形

天文書と分類される本だと思います
1966年12月 大きな火球(大きな流れ星)が流れます
それを目撃しスケッチをとった中学生
それを目撃し写真撮影した高校生
このふたつのデータから物語ははじまります

1966年 パソコンも電卓もなかった時代
時間日記「天文少年」の時代でした
天文少年が 星にあこがれ 科学に夢を持ち 天体望遠鏡に希望をつめこんでいた時代でした

そんな時代
天文雑誌に「変光星のデータを記録したノート」が掲載されていました
大学ノートに鉛筆で書かれた数字が ずらっと並んでいました
それはアマチュアの方のノートでした
「自分もやってみたい」 今も鮮明に覚えています

時間日記「「忘れていたものを」」が これなのです
自分でやってみる 自分の力でやってみる
科学がそんなことを教えてくれた時代だったと思います


家電製品 デジタルカメラ パソコン
科学が生み出してくれたものに囲まれて生活している現在
完成されたもの や 結果 だけを見ているように感じることがあります
その過程を知らなくても 考えなくても きちんと結果がでてきます
ブラックボックスの時代とも言えるかもしれません

結果は大切です
それと同じくらい「そこに至る道」も大切にしたいと思います
ブラックボックスの時代 
いろいろなことに対して「そこに至る道」が見えにくくなっていると思います

「空とぶマネキン人形」は 
置き忘れてきた大切なことを 思い出させてくれる物語でした


「空とぶマネキン人形」帯
加茂昭さん著 「空とぶマネキン人形

撮影

毎年 お正月に来るところ 白浜
ここで蝋梅に会う 花の旅のはじまり

思い
Canon EOS 5D2 100mmMacro 

いつも撮らせていただいている蝋梅の木
つぼみがたくさん付いていました
香に包まれるくらいに近づきます

咲いている花と手前のつぼみが少し重なるように
花が そっとつぼみを見ているように
花の思いが感じされるように ピントは花 内側の花びら

風で揺れる葉っぱの隙間から
花びらに光が射したとき シャッター


撮影風景も撮ってみました
初撮影
RICOH GRdigital
手前に枝があるので
ライブビューで構図やピントを確認して撮影しています

このとき 撮ったのは
ゆめ
Canon EOS 5D2 100mmMacro

おしべは花の夢
花びらにやさしく包まれたおしべを撮りたくて
ピントはおしべ 
花びらがやわらかく写るように 
絞りを開いて ちょっとぼかしています
強い光があたっていると 後ろの花びらが真っ白になってしまうので
太陽に薄雲がかかるのをまって シャッター

ということで 
ファインフダーやディスプレイをではなく
空と花を見て シャッターをきりました


時間泥棒
RICOH GRdigital

2012年も相変わらず 花の写真を撮っていきたいと思います
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード