mist

flower
OLYMPUS OM-D E-M5 100mmF:2

早朝の植物公園を歩いていると、花壇の水やりが始まりました。
植物公園の方が、一つひとつのバルブを開けて回っています。

ミストシャワー・・こんな英語あるんかなぁ。
でもそんな感じの細かい水の粒に花たちは包まれました。

駆け上がろうとしている太陽の光がミストをきらきらと輝かせています。
カメラを向けると、ファインダーの中で光の粒が踊っていました。
開放値F:2の明るいレンズのなせる技でしょうか。
同心円模様の光の粒は、あっという間に消えていきます。

写るかなぁと思いながらしゃったーを切りました。


さぁ、蓮池に行こう。

流れて行くミストの先を見ると、
小さな虹ができていました。


7月最後の日曜日のことでした。

閑話休題 〜見え方〜

ちょっとブレイクな話題を・・・

X「お湯を沸かしといてくれる」
泥「了解!」
 お鍋に水を入れて加熱開始
 泥は本を読み始める

 ・・・沸騰・・・泥は本を読んでいる・・

X「こんなに水の分子を自由にしなくてもいいのに」

同じものを見ても見え方が違うというが・・
そんなに見えるんだ
ぐつぐつ沸騰する水(現象)=水の分子が自由になっている(見え方)


ピーマン
ピーマン・・好きですか?


葉月の牧草

さくらの木

まずはこの桜を見る。
東京 北参道 ストロボカフェの前にある桜
卯月の牧草ライブのときはやわらかだった葉っぱが、
堅くなってきているね。
道沿いにも桜の木が植えられています。
夏の陽射しを和らげてくれ、心地よい空間をつくってくれています。


葉月の牧草

milly la foretのライブで、
いつの間にか顔なじみになった方々とお話をしていると、
照明が落ち音楽が流れ、メンバー登場。
音楽はなじみのあるメロディに・・
一曲目は「とぐら」なんだと思っていると・・
「マホガニーの回転扉」! 
 タイムマシーン なつかしい曲 ・・
そんな思いと期待を感じながら聞きました。


時間泥棒


時間は流れて行きます。
ライブも始まりがあり終わりがあります。
1曲目で感じるライブへの期待。
終わらないでほしい。もうすこしこの感覚を味わいたい。
そんな気持ちを知ってってか、そのままMCなしで3曲演奏が続きました。
気分は一気に最高潮へと達しました。



夏の思い出、夏の曲、夏と言えば・・。

The Police の Every Breath You Take(俊輔さん)
これはすごい。 しっかりと浸らせていただきました。
俊輔さんと美織さんのボーカルがたまりませんでした。


ダンス天国(静治さん)
これはすごい!! 歌って踊る美織さんが。
ラー ララララー ラーララ ララ ラぁぁぁぁー。


つぎはなんだろう。美織さんはどんな曲を選んだのだろう?
夏と言えば・・ノンキー青空市。
「ノンキー青空市で毎回演奏されてきた曲」??
とぐら(美織さん)
美織さんのリコーダーの演奏。
これは・・超サプライズ的な演奏。
歌うようなリコーダーに聞き惚れました。


tokio


周波数

秋に向かって
FUJIFILM XF1

静かな時間が流れる盆前の高野山
華やかに咲き誇った紫陽花が、
静かな秋色紫陽花へと向かっていました。

窓
FUJIFILM XF1


お勤めのあと、僧侶は空海のことを語った。


書店に並んだたくさんの本から一つの本を選ぶ。
たくさんの音楽から、一つの音楽を選んで聞く。
たくさんの放送から一つのチャンネルに合わす。

それは周波数を合わすということ。
通り過ぎてしまうのではなく、周波数を合わせてみませんか。


お勤めのあと、僧侶は空海のことを話すのではなく、
自分から空海に出会う事を奨めてくれた。

流星群の夜

ペルセウス座流星群2013
2013年8月13日1時25分 和歌山市
CANON EOS 5D2 16-35mm(16mm) F:2.8 ISO2000 10sec

薄雲が広がる夜空に、
ペルセウス座流星群の流れ星が静かに流れていました。


ペルセウス座流星群UP




街の空では消えてしまいそうな星の光は、
想像も出来ないくらい遥か彼方から届いてくる光です。
部屋の灯りを消して、眺めていると弱々しい星の光が見えてきます。

・・・・・ペルセウス座流巣群の夜に

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード