めざめ・・月齢1.4

めざめ

2月1日 
空がそっと目を開けたよう月が輝いていました。
シルバームーンの次に宵、空が眠りから醒めたように見えました。


春の宵はむらさき色
オーボエの静かな旋律が流れて来るような春の宵
そんな紫の残照が残る空に静かに輝く細い月



地球照

だんだんと色を失っていく空、
細い月は空に溶け込むような地球照を見せ始めました。
永遠に繰り返す月の周期のはじまりを感じさせるように・・。



めざめ





月齢1.4
月齢1.4
シルバームーンから目覚めた月

地球照を待つ

めざめ2

雨が暖かい空気を運んできてくれたのか、
過ごしやすい日でした。
夕空には細い月がそっと輝いていました。
この時期の月は写真のように横に寝転んだように見えます。
残照が染めた淡いむらさき色の空と細い月はとても美しいです。


空が暗くなってくると、だんだんと地球照が見えてきます。
日曜日の夕暮れ、だんだんと見えて来る地球照を楽しみました。


地球照

今日の地球照は赤っぽく見えました。
もしかしたら・・黄砂がやってきているの?
それとも・・?



月齢2.4
月齢2.4
旧暦3日の月、三日月です。

シャンソンを。

月齢3は雲の彼方に

月齢3の月は、広がる雲の隙間から顔を出してくれました。


つぶやき・・
答えが見えないまま、先が見えないまま、
進んでいかなくてはいけないことってあります。
答えは見えているのかも知れません。
「答えが見えない」のは「形だけの答え」だからだろうと思います。
その形を「答え」にするために前に進んで行くのだと信じています。



このところ故あってシャンソンを聞いています。
ときどき、1曲だけ。
心にブレイクというと大層ですが、3分くらいトリップという感じです。
小さなホールで、語りかけるような歌声に包まれているような感覚になります。

とても大切な時間だったような気がします。




春の気配
梅の花はもうすぐのようです。

冬の朝

また寒くなってきました。


冬の遅い太陽の光と花たちに挨拶できるから、
冬の朝
冬の朝も好きです。


だんだん日の出が早くなってきましたね。


雪が降りました

積雲

でっかい積雲の朝でした。
28mm広角レンズのGRdigitalでも一部しか写せない、
そんなでっかい積雲が堂々と広がっていました。
昇ったばかりの太陽がオレンジ色いに染める積雲とまだ日があたらなくて暗い積雲、
うつくしい光景でした。

太陽が昇ってくると積雲が空を覆い尽くし、雪が降りました。
最近、和歌山ではあまり雪が降りません。
以前はもっと降ったように思いますが・・。
犬は喜び庭駆け回り・・雪を見ると眺めたくなります。
雪がほんとうに少ないとろだからでしょう。
インドから来られた方は「snow snow」と珍しそうに庭駆け回っていました。
・・実際は眺めていただけですが・・念のため追記しておきます・・。


今日は
♪雪でした あなたのあとを なんとなく ついてゆきたかった

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード