7月1日 雨のち曇り

2015年7月1日は雨でした。


7月1日の夕空

美しい夕空でした。
雲の切れ間から金星が輝くのでは、
と思いながら暗くなっていく空を眺めていました。

低空の雲は切れましたが、高い雲は居座ったままでした。
金星と木星のランデブーはこの雲の向こう側で行なわれたようです。

しばらく雲の多い天気が続きそうです。
金星と木星が次に姿を見せるのはいつになるのでしょう。
そのときは、金星と木星の位置が入れ替わっていることでしょう。

楽しみに待つことにしたいと思います。

空の色

今日も夕焼け

いきなりの赤でした。
アースカラーを帯びた灰色の空に青が広がっていきました。
西の空を見ると赤い帯が伸びていました。

今日も夕焼け

7月3日夕焼け

毎日 梅雨空なのに
毎日 夕焼け

遠くの空は晴れているのだろうか?
でも 晴れてこない。

梅雨の夕焼けは不思議

雨の声

7月4日雨

7月4日は雨でした。
夕焼けは見られませんでした。



雨の日に

雨の日の蓮池
白い蓮の花が美しい。

雨粒を集めて

雨は強弱をつけて降っていました。
それに合わせて雨の歌声も大きくなったり、リズムが速くなったりしています。

オーケストラ

大きく広げた蓮のたち。
雨の蓮池はオーケストラのような歌声を奏でています。


うつろい

雨の声に耳を澄ませた休日でした。

彗星と木星

雨あつめ

蓮の葉っぱが雨を集めていました。

しばらく雨の日が続きそうです。
天気図を見ると台風が3つ並んでやってきています。

7月5日台風3つ
<気象庁HPより>

天文雑誌にシューメカー・レビー第9彗星のことが載っていました。
1994年、
20数個に分裂してしまったシューメーカー・レビー第9彗星が、
木星に衝突しました。  もう21年も前のことなのですね。

1994年7月17日?18日・・玄関先に天体望遠鏡を出して木星を眺めていました。
口径10cmの望遠鏡では見えないだろうという予想の中、じっと木星を眺め続けました。
彗星が木星に衝突するとどんな音がするのだろう? 
        いや空気がないから音は伝わらないか。
彗星が木星に衝突したら爆発?するのだろうか? 
        いや木星はガスの球体だからすぽっと入り込むのだろうか。
そんなことを考えながら眺めて続けました。

衝突予想時刻になりました。
なにもおこりません。
地球から見て裏側に近いから見えないのだろう。
ただ、ゴミが目障りでした。 木星にゴミがかぶって見えていました。
しばらく使ってなかったのでアイピース(接岸レンズ)にゴミがついてしまったのだなぁ。
掃除したいけど、その間に衝突したら・・とそのまま覗き続けていました。
「R津さんから電話」の声でアイピースから目を離して電話にでました。
電話は「衝突痕が見えている」との情報でした。
慌てて望遠鏡に戻り、望遠鏡を動かしてみると、
そのゴミは木星といっしょに動きました。 ゴミではない木星の上にあるものだ。
ゴミと思っていたものは、彗星が衝突してできた痕、衝突痕だったのでした。


7月5日台風3つ
<気象庁HPより>

20数個に分裂したシューメーカー・レビー第9彗星はその後つぎつぎと木星に衝突し、
並んだ衝突痕が見られました。

気象衛星から画像を見ると、台風が3つ並んでいます。
衝突痕は木星の大きさに比べもっと小さかったけど、
あのときの光景を思い起こさせてくれるものがあります。

雨草

雑誌の記事によると、
2013年、木星の大気に存在する水の分布は、
シューメーカー・レビー第9彗星が衝突した南半球に偏っているとの測定結果が出たそうです。
彗星が水を運んできたという証拠だと考えられるようです。


地球にも彗星が水を運んでくれたのでしょうか?
でも・・今後このような衝突が起こらないことを願いたいと思います。

7月5日 雨でした。
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード