秋の空へ

秋の空へ

空を覆っていた厚い雲がゆっくりと流れて行き、
高い秋の空が広がっていきました。

その瞬間を待っていたかのように、
赤とんぼが高く高く飛んでいきました。

一人だけのアキアカネの空。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【秋の空へ】

空を覆っていた厚い雲がゆっくりと流れて行き、高い秋の空が広がっていきました。その瞬間を待っていたか

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード