ビスタアレ演奏会

花が咲くオープニング

春はビスタアレからはじまる。
なぜか懐かしい、そんな場所になっています。
今年もビスタアレ演奏会に参加させていただきました。


いちごのメロパン
イチゴの形をしたメロンパン

いつものように、”なんとなく”演奏会が始まりました。
”なんとなく”という感じがすごく好きです。

今年も春が来たんだ。今年もここに来たんだ。
一区切りの春、はじまりの春を感じながら、
リコーダーの演奏に身をまかせている感覚がとても好きです。


おいしい!!

春の音、リコーダーの音色、
私のとってビスタアレの演奏は春。

リコーダーで演奏するクラッシック、
やさしくほんわりとした春の音に聞こえてきます。




「Let's 和イタリア」と題された演奏会。
料理研究家・貝谷郁子さんがビスタアレのDさんと同級生とのことで、
イタリアをテーマにした演奏会でした。



第2部では
サンタルチアなど、なじみのある曲が演奏されました。
リコーダーとギターのアンサブル
やわらかいリコーダーの音色に、深いギターの弦の音色が心地よく、
ちょっと乾いた音色でのギターだけの間奏は、
イタリアの空を感じさせてくれました。


フィニッシュしました


そしてアンコールは「花が咲く」
東北の地震・津波、和歌山でも台風・水害がありました。
復興を願った曲です。
今年も、演奏に写真たちを添えさせていただきました。
写真をセレクトしていると、いろいろなことを考えさせてくれました。
音楽に写真を添えることによって、
写真たちがちがって見えてくることもありました。
写真はコミュニケーションによって作品になると聞いたことがあります。
音楽と写真を会話させてくれる機会を与えていただいたことに感謝いたします。


ビスタアレ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード