スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しみのシンフォニー

夏夢
OLYMPUS OM-D E-M5 100mmF:2

健康診断 脳ドック
脳のMRIはなかなかハード?です。
狭いにも程がある空間で30分。

検査部屋にはモーツアルトの交響曲40番が流れていました。
静かに耳を傾けて30分を過ごしました。

モーツアルトの40番を聞いていると、
シルビィ・バルタンの「哀しみのシンフォニー」が思い浮かんできました。
第一楽章に歌詞(イタリア語)をつけて歌っています。

間奏?で「カラ モーツアルト・・」と語っていますが、
イタリア語なのでまったく分かりません。もちろん歌詞の意味も・・。
でも
イタリア語の歌ってなんだか魅力的な響きを感じます。
ジリオラ・チンクエッティの「雨」もいい感じです。
「哀しみのシンフォニー」が英語の歌詞だったらどんな感じになるのでしょうね?



目を開けるとものすごい圧迫感のある空間、
検査が始まったとき、「30分も・・」と思いましたが、
交響曲40番をおかげで、なんとか過ごすことができました。



追記・・
イタリア語の歌がいい感じと書きましたが、
英語の歌では、リン・アンダーソンの「ローズガーデン」の英語の響きが好きです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。