中国琵琶

9月13日に、
和歌山県立博物館の特別展「黄河と泰山展」の開会式・内覧会がありました。
私も”ご招待”ということで出席させていただきました。

今年は、開会式の前に「中国琵琶のミニコンサート」がありました。
これは楽しみ!! ぜひ聞きたい!! と ワクワクしながら会場へ。


苑蓉さんの中国琵琶の演奏

中国の旋律といえばいいのでしょうか、
中国を感じる音楽でした。

最後に演奏された「一輪の花 〜私に花をください〜(だったと思う)」。
とても情熱的でリズミカルな演奏でした。


中国琵琶



「黄河と泰山展」
中国山東省文物局の方も来られていて、
たくさんの出土品を見ていると、中国語が聞こえてきます。

出土品に描かれた模様に目が行っていしまいます。
どんな気持ちでこれを描かれたのだろう。
そんなことを考えていると、
きっと楽しみながら描いたのだろうなぁと思えて来ました。
・・・竜が蓮をくわえている!

大きなボールのようなものがありました。
量を測る升だそうです。
秦の始皇帝が尺度を統一したのだそうです。
太閤検地で豊臣秀吉が尺度を統一したように、
全国を統一するためには、尺度も統一する必要があったのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード