月を眺める 月齢15

月齢15.1


残暑と入れ替わりに、涼しげな虫の音が聞こえています。

夜のお仕事がありました。
仕事を終えて外に出ると月が美しく輝いていました。
立ち止まって眺めていると、虫の音が爽やかに聞こえていました。

虫の音に包まれて月を眺めていると、
だからお月見は秋なんだと思えて来ました。

&ッ &ッ &ッ ・
カネタタキがリズムを刻んでいます。
$$$$$$・・$$$$$・・
コオロギが、
# ##&% # ##&#
マツムシが歌を歌っています。




名月は、夜が明けるころ沈んでいきました。
沈む名月
ほんおりと明るさが残る夕暮れに東の空から昇ってきた名月は、
だんだん明るくなってくる空を見ながら西の空に沈んでいきます。

名月は、満月は夕暮れから夜明けまでの一夜をすごしています。
太陽が去るころ入れ替わりに昇り、
太陽が昇るころ夜に別れを告げて沈んでいきます。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード