月齢21

月齢21.1

満月へのカウントダウン
月の出が遅くなってきました。
月齢21の月は23時をすぎてようやく撮影できる高さに昇りました。
撮影できると言っても、望遠鏡はほぼ水平な状態です。

月齢14を満月とか十五夜と呼びます。
月齢15は十六夜(いざよい)
月齢16は立待月(たちまちづき)・・夕方立って待っていると昇ってくる。
月齢17は居待月(いまちづき)・・座ってまって待ていると昇ってくる。
月齢18は寝待月(ねまちづき)・・月の出が遅いので寝て待つ。
月齢19は更待月(ふけまちづき)・・夜が更けてから昇ってくる。
そして月齢22は下弦の月とか二十三夜月なんて呼ばれいました。

月齢19を過ぎると眺める人もいなくなるのでしょうか。
日本での呼び名はありません(知らないだけかもしれませんが)。

今夜の月は、下弦の月の一夜前の月です。



この時期の月は、朝に見えています。
朝の月月齢20.6
月齢20.6の月です。
透明度のいい秋の空にくっきりと輝いていました。

明日の朝も月が見えるでしょうか。楽しみです。
これから、月はだんだんと細くなり太陽に近づくように見えます。
どれくらいの月齢まで見えるのでしょうか。
朝のちょっとした楽しみです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード