スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードルを越えてみる〜月齢4〜

また、月のシーズンが始まりました。

月齢4.3


若い同僚が
「月や星の写真を撮ってみたい・・天体望遠鏡を持っている」と話しかけてきました。
「まず撮ってみたら」そして「うまく撮れなかっても、何度も撮ってみる」と答えました。
天体写真には、たくさんのハードルがあると思います。
対象にレンズを向ける、ピントを合わせる、露出を決める・・。
ブレないようにするにはどうすればいいか・・。
自分のカメラではどう操作すればいいのか。
などなど、たくさんのハードルがあると思います。
一つひとつクリアしていくとイメージする写真に近づいていきます。



今夜は月と金星が出会っていました。
月と金星
撮影中、雲が通過しました。
月と金星はなかよく並んで沈んでいきました。
よく見ると、だんだん離れていってますね。




トマトの栽培について書かれた本があります。
トマトの栽培は1冊の本になるだけ奥が深いのです。
他にもトマトの栽培の本がたくさんあると思います。
同じように天体写真についてもたくさんの本があります。

その”奥”はやってみて分かる事だと思います。


月や星の写真を撮ってみたいと思った若い同僚に、
まずやってみることをすすめました。
やっていく中でたくさんのことが見つかります。
月や星の写真のことだけでなく、いろいろなことを感じると思います。




「土星を見たいけど、まだ見つけられていない」という同僚に
「夕方、西の空に輝く金星をみてごらん。半月のように見えるから」

月を撮影したシステムで金星を撮ってみました。
ほとんど点に近い金星の画像、
思いっきりトリミングしてみました。
金星
半月の形に見えてきました。
よく見ると・・なにやら濃淡が・・。
露出を変えてたくさん撮りました。見比べると同じような濃淡が見えます。
もしかして・・金星の模様? 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。