スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波バイオリン

月齢4

月齢4です。
やっぱり三日月ってこんな感じですね。
月齢0が1日(ついたち)だから、
月齢4は5日(いつか)。
どうして三日月という呼び名だけが広がったのでしょうね。
語呂がよかったのでしょうか。



「津波バイオリン」って知ってますか?
3.11の大震災・大津波の流木などから作られたバイオリンです。
魂柱には「奇跡の一本松」が使われています。
そのバイオリンを千人の方が演奏する「千の音色でつなぐ絆」が行われています。
「どんな音がするのだろう?」「聞いてみたいなぁ」と思っていました。


9月22日 東京芸術劇場 
Mai Kuraki Symphnic Live 〜Opus2〜

2部 「あなたがいるから」
ゲストピアニスト松ヶ下宏之さんが紹介され、もう一人のゲストが紹介されました。
ゲストバイオリニストMeiさん。
手にしていたのは「津波バイオリン」。
パンフレットには書かれていなかったサプライズでした。
「奇跡の一本松」が描かれた津波バイオリンが目の前にありました。

「千の音でつなぐ絆」の187人目の演奏。
津波バイオリンはやわらかな広がりのある音色でした。
「知っているから聞こえる」のかも知れません。
でも
津波バイオリンの音色は語りかけるようでした。


津波バイオリンの演奏は2曲
「あなたがいるから」とアンコールの「Always」でした。

9月22日 津波バイオリンの音色を聞きました。

東京芸術劇場

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。