スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDとずっと前の話

CD


秋に届いた1枚のCD。
Mareka&Junjiさんの「The Rambler」。
ギター、バンジョーの名手、城田じゅんじさんと
フィドル、アイリッシュハープの内藤希花さんのヂュオ。

昨夜の日記に書かせていただいたMareka&JunjiのCDです。

城田さんのギターやバンジョーに出会ったのは、
20年以上前のこと、秋晴れの下での野外コンサートでした。
「カントリー&ウエスタンは、芝生に寝転がって聞くのが一番」
心地よい陽射しの中、芝生はなかったけど、グラウンドでのコンサート。
その頃の城田さんはザ・ナターシャー・セブンのメンバーで、
坂庭諸語さんとのギターとバンジョー、マンドリンの演奏は最高でした。

テントを担いで出掛けて行った、
岐阜県椛の湖の畔でのピクニックコンサート。
夜遅くまでライブを楽しみ、余韻に浸りながらテントで寝ました。
次の朝、「椛の湖を一周 走りましょう!」と、
みんなで走ったときの爽快感が思い起こされます。
そう、そのときオリンピック選手の君原健二さんも走っていました。

昨日の日記に続いてMareka&Junjiさんのことを書こうと書き始めたのですが、
いつの間にか、20才台のことが次々に思い出されてきました。
音楽はタイムマシンのようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。