うめの香

白梅

「一目百万 香十里」と言われる和歌山県の南部梅林の観梅がおわりました。
今年は、山一面のうめの花に出会う事ができませんでした。

うめの花を撮影にいく楽しみの一つに「香」があります。
あまくやさしく仄かなうめの花の香、
春が来るのだなぁと感じさせてくれます。

うめの花を撮影するとき、枝の中、花に埋もれるようにすることがあります。
たくさんの方が撮影されていますが、だれも(と言っていいほど)花に埋もれている方はいません。
ちょっとヘン?なおじさん・・かな。
花に埋もれていると、うめの花の香につつまれます。
かなり贅沢な時間?・・です。

赤いうめの花の中から眺めた白梅、その向こうにピンクのうめの花が見えます。
なかなか、豪華な眺めです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード