スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いです・・月天心・・

朝から暑いです。

お昼は爽やかな風が吹いて気持ちよかったです。
このまま、心地よい夜に・・と思っていたのですが・・。

夜は蒸し暑いです。

ぽつぽつとお仕事をしております。
・・ましたが、
・・・蒸し暑いので、ちょっとブレイクと日記を書き始めてしまいました。

薔薇


月天心
一青窈さんの楽曲のタイトルにもありますが、
与謝蕪村さんの俳句に
「月天心 貧しき町を 通りけり」という作品があります。

月天心って?
由来はさておき、どうも季語として扱われているようです。
月天心とは、「月(満月)が天頂付近に懸かかっている」状態のことらしいです。
なるほど「月」「天」「心」の文字から考えるとそうなりますね。

月天心は秋の季語となっています。
なるほど「月」は秋なのでしょうね。

・・う〜ん
「天」「心」となると天頂付近、頭の真上あたりというイメージが・・
満月が頭の真上あたり(天頂)に懸かるのは・・冬。
なので、月天心は晩秋、そろそろ冬の気配が色濃くなってくる頃ということでしょうか。

となると、前述の蕪村の句は、さみしい秋の終わりのころをイメージして読めばいいのでしょうか。

とぼとぼと歩く蕪村の姿が見えてきそうです。



ブレイクが長くなってしまいました。
そろそろお仕事に戻ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。