スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去り行く春

流れ

昨夜 撮影して写真です。

和泉山脈の上にかかる雲に、かに座が沈んでいきました。
追いかけるように、しし座が沈もとしています。

山の向こうには関空があるからでしょう、
たくさんの飛行機が飛んでいます。

梅雨は「晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く見られる現象」と定義されています。
今日も蒸し暑い日でした。梅雨が近いのでしょう。
かに座やしし座たち、春の星座が地平の向こうに行ってしまったとき、
梅雨がはじまり、夏が来るのでしょう。

もうすぐ梅雨の季節です。




街中で撮影した「去り行く春の星座たち」
雲海に沈んでいくような感じがします。
ちょっとお気に入りです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。