スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お味噌汁の空

ベナール対流

大学生のころのこと
学内を歩いていると、I先生が空を見上げていた。
気象学のI先生はじっと、じっと見上げていた。
「先生、何を見ているんですか?」と聞いてみると、
「見てみな。あそこで小さな対流がいっぱい起こってるんだ。
 お味噌汁をじっと見ていると、
 表面が冷えてきて下に沈んで行く、そして下から温かいお味噌汁が上がってくる。
 お味噌汁に小さな対流が起こって、あの雲のような模様が見えてくるだろう。
 ベナール対流と呼ぶんだ。
 今、あの高い空で空気の入れ替えが行われているんだ。」
I先生はじっと空を見つめたまま話してくれました。
突然、I先生は走り出しました。
「先生、どこへ行くんですか?」
「カメラだ、カメラを買いに行く。
 見事なベナール対流が起こっている。記録しなくては・・」

 
ベナール対流

今朝、巻積雲が広がっていました。
眺めているとI先生のことを思い出しました。


しばらくすると、I先生はレンズ付きフィルムを持って帰ってきました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいお話。
つい、空を見上げますね、秋は。

錦眼鏡さんへ

すてきな先生でした。
今も空を見上げているだろうなぁと思っています。

秋の空は美しいですね。
秋の空の写真をアップしました。
コメントを読んでついつい・・。
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。