朔旦冬至

12月22日は冬至です。
そして12月22日は新月。

心地よい空


冬至は一番お昼の時間(日照時間)が短い日です。
これからだんだんとお昼の時間が長くなってきます。
太陽と大地の復活の日とも言われています。

新月は、新しい月のサイクルの始まり、月の復活の日です。

今年の冬至は太陽の復活の日でもあり、月の復活の日でもあります。

(新月を「朔(さく)」とも呼ばれます)
それで今年のような冬至を「朔旦冬至(さくたんとうじ)と呼ばれ、
おめでたい日と考えられています(いました?)。


いつもとちがった冬至、
ちょっと気分を変えて過ごしたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード