読書

雲が多いですねぇ。 
ラブジョイ彗星を撮影しようと手薬煉を引いてるんですが、すっきりとしないお天気です。

冬
昨日の撮影です。
冬の太陽は高度が低いですね。山から差し込む光がススキを照らしていました。
美しいなぁと撮影しました。もう一枚と思っていると太陽の光がススキから去っていきました。
太陽って速く動くものですね。


ラブジョイ彗星が宵の口に輝いています。
それも明るく輝いています。
せっかくいい時間に輝いているのだから見たい、撮影したいと思って手薬煉を引いています。


先日川に関する一考察的な本を読んでいると書きましたが、
今は山に関する本を読んでいます。
山や川についての知識はもちろんのこと、楽しみ?なのはそこに至る道です。
その理論や自然科学の法則がどのような経緯で出来てきたのかがか書かれています。
科学は現象を割り切って原理を探究しようとしている面があり、
見いだした原理はすっきりとした心地よいものだと思います。
でも、そこには”そこに至る道”があり、たくさんの観察と試行の繰り返したあります。
現在、まったく違っていたというものもたくさんあります。
でも、現在の原理法則の中には”その「そこに至る道」”があると思います。

冬の空
今日の空です。たくさんの厚い雲が広がっています。
冬の空ですね。


本だらけの部屋で過ごした3連休の日記でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード