スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花の肖像2015 その4

紫陽花の肖像2015-2

雑誌・月刊天文ガイドが50周年を迎えるそうです。
書店で見つけたのは中学生のときでした。

今月発売の7月号に振り返りの記事が掲載されていました。
懐かしく眺めていると、あのころの毎日が思い起こされます。
「私も出来るんじゃない」と思わせてくれ、手元にあるもので天体と遊んでいました。

変光星(明るさが変わる星)の観測を続けている方の記事で、
ノートにびっしりと並んだ数字たちに憧れました。
とにかく記録してみようとノートにスケッチを書き続けました。
冬のことで、小さな望遠鏡の視野には土星が輝いていました。


毎日、1枚の写真を貼って日記のようなコメントを書いていた方の記事がありました。
もちろん憧れて、ノートに写真を貼りコメントのようなものを書いていきました。


やってみること、続けること。
そこから生まれてくるものがたくさんあります。
もしかしたら、そんなことを教えてくれたのは天文ガイドだったのかも知れません。


中学生のころ、カメラと三脚を持って夜ごとに星を撮影していたころを思い出し、
夕食後、カメラと三脚を持って河原に行きました。

マジックアワー

昼と夜の境目に出会うことができました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。