スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になって仕方がないので・・

16011112

気象衛星の画像に写っている太平洋上の
肋骨巻雲のようなさざ波のような雲が気になった。
なんだろう?  いや どんな気象状況なんだろう?

上に掲載させていただいている画像は赤外画像です。
赤外画像では、地表近くの雲が写りにくいという特性があるので、
可視光の画像を見てみると・・
16011112可視
あのさざ波雲(とりあえず命名)は高いところにある雲のようです。
肋骨巻雲を上空から見ているのだろうと思いました。

なぜ、太平洋上に巻雲(たぶん)があるのだろう?
それにしても大陸南部に低い雲が広がっています。
テレビなどで報道される衛星画像は赤外画像なので見えていません。


赤外画像と可視画像を比較(明)合成してみました。
16011112合成
なんとなく雲が立体的に見えてきました。
これが2016年1月11日午後12時(日本時間)の雲のようすなのですね。

赤外画像で見ると九州南部はうす曇りって感じでしたが、曇りのようです。
あのさざ波雲の下には雲があって、あの辺りを航海している船があっても、
さざ波雲は見えないようです。

天気図と気象衛星画像を比べてみると
16011112

16011112合成低気圧

さざ波雲は台湾付近にある低気圧から延びる前線によるものみたいです。
天気図には描かれていませんが、ぐーんと東に延びているのでしょう。
描かれていないのは、前線という程のものではないからでしょう。

前線(ようなもの)があるとして、
その位置と雲の位置から想像するのに、
南へじわじわと動いていく寒冷前線のようなものでしょうか?


どうも気になってしまったもので・・
さざ波雲が美しかったから・・。

☆気象衛星画像・天気図は気象庁HPよりお借りしました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。