スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1時間目 理科

本を読んだり、音楽を聞いているとき、
ふっと、”あの頃”が浮かんで来ることはありませんか?

天体望遠鏡を載せる架台・赤道儀というの機器があります。
P2という赤道儀が生産中止になったとき、ものすごく欲しくなりました。
技術の発達とともに現在のニーズに合わなくなってしまったのだと思います。

その”古い”赤道儀でなにをするの?
もちろん天体望遠鏡を載せて星を見るのです。

ふと思ったことがあります。
もしかしたら、その赤道儀が現役の頃に、何か忘れ物をしてきたのだろうか と。

浮かんでくる”あの頃”も、
そこに忘れ物をしてきたのかも知れないなぁと思うようになりました。

そんなことを思いながら、
日曜日に横浜で出会った”こと”を振り返ってみたいと思います。


1時間目 理科
雲

横浜や東京へは飛行機で行きます。
秋のある日、白く広がっている絹層雲を上から眺めると、
ぼこぼこしてではありませんか!
地上から見ると、薄い布を広げたような滑らかな雲です。
上昇気流! 太陽の光で温められた空気が上に昇っていっているでしょう。
均一ではなく、競うようにぼこぼこと雲がわき上がっているように見えます。
雲の上部は太陽の光が当たっている。 
ちょっと考えると当たり前のことですが、まったく考えたこともありませんでした。

飛行機から眺めると、雲の種類が分からないことがあります。
これまでの雲について知識は、地上から見たものだったからでしょう。


窓から雲ばかり眺めていると・・・ブロッケン現象!
ブロッケン現象
雲に映る飛行機の影のまわりに虹色の輪ができていました。


☆☆予定(時間割)☆☆
1時間目 理科(終了)
2時間目 国語
 休憩  干し柿談儀(掲載済み)
3時間目 音楽
4時間目 美術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。