スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4時間目 美術

フランス山公園の入り口近くに「なんだろう?」と思っていたものがありました。

鉄骨でてきているようだけど・・美しいカーブを描いているし・・。

milly la foretさんのライブのとき、國吉美織さんが
「エッフェル塔が美しい」と言っていたし・・フランス山にあるし・・。

そんな思いが積もって何度か通り過ぎていたフランス山公園に行ってみました。

パビリオン・バルタール

パビリオン・バンタール
1860年代フランスの建てられたパリ中央市場の地下の一部で、
バンタールさんの設計で、パビリオン・バンタールと呼ばれているそうです。
再開発のため、パリ中央市場が取り壊されたのですが、
横浜市がパリ市に移設を申し入れて寄贈されたとのことです。

地下の骨組みとして作られたのでしょうか。
とにかくうつくしいです。

市場に来る人、市場で働く人、たくさんの方がこの下を訪れたと思います。
さまざまな思いが通り過ぎて行くなかで、
ふっと見上げたとき、うつくしいアーチがある。
日常から心がふっと離れていく時間を創り出したこともあるだろうなぁと思いました。
市場、教会でもない、博物館でもない、イベントホールでもない、
建物を支えてきた鉄骨なのです。
美しいカーブは力学的な意味を持っているのかも知れません。
てっぺんの四角も構造上、大切な形かも知れません。
でも、美しいです。

法隆寺で有名な宮大工の西岡常一さんが、
「職人の中で達した人が。後世になって芸術家といわれる」と言っていたことを思い出しました。


フランス山公園の階段
フランス山公園の階段
美しい曲線を描いてました。




残り陽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。