夕空の研究

パンドラの箱を開いてしまったというか。
長時間露出で撮影した夜空を科学的に考えてしまった。

だんだん暗くなってきた頃、
空は青みを帯びている。
2016114−1

本日は10分露出、WBは晴天で撮影している。

まだ青みが残っている。
20161114−2

しかし、撮影間隔は空を見ながら感覚で。

やがて青みがなくなってしまった。
20161114−3
青の光の波長は短く、赤は長い。
沈んでしまった太陽の光は地上の上空を通過していく。
波長のは長い光はずーっと向こうまで行ってしまい、
短い光が上空の空気で散ってしまって青く見える。

青みがなくなったのは太陽の光が上空から去って行ってしまった。
多分そんなことだろうと思いながら撮影した。

20161114−4
雲が赤っぽく見えいるのは・・多分地上の光を反射しているからだろう。

もうすぐ雨。
雲も空をきれいに塗り込めて準備OKという感じです。
20161114−5

スーパームーンの日に

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード