スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルデバランの食(1月9日〜10日)

曇りかと思われたが、夕刻雲が切れ始め、雲の間から月が顔を覗かせた。
単眼鏡で見るとヒアデス星団が見える。
BORGと40mm-150mmをセッテイング・・・これまでの経験では同時に雲もセッテイングするが、
今回は快晴に近い空になる。

18時から撮影開始。
14-150mm望遠レンズでは、月齢11.1の月は明るすぎたようだ。
4月1日を期待しよう。

月とヒアデス201701091758

カメラのモニターにたくさんの星たちが見えている。
ここはヒアデス星団の中なのだ。
幾つかの星たちが月に隠されていくのが見える。
ヒアデス星団の食
月の左側が欠けている部分で、うっすらと地球照が見える。
その地球照の部分に星たちが吸い込まれていく。
ヒアデス星団の食トリミング

そして完璧に雲に覆われてしまいました。 が、
諦めが悪い私は、窓を開けては空を眺めていました。
そろそろアルデバランが隠される頃だなぁと思っていると・・雲に切れ間が!

アルデバラン食20170109
アルデバラン食20170109T
露出などを調整している時間はありませんでしたが、
流れる雲が適度なフィルターの役目を果たしてくれました。・・・これを幸運と呼ぶのでしょう。


出現も見られました・・・と言っても
まだかなぁと通り過ぎる雲間の月を覗いていると、
ポツンと・・出現しているぞ って感じでした。 
アルデバラン食20170110

アルデバラン食出現20170110T


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。