金星を眺めて

     たそがれ
     RICOH GRdigital3

     今日も 金星が輝く 美しい夕暮れでした



    「コンビナートの上の火星」
     そんな(ような)タイトルだったと思う
      中学生のころ 読んだ小さな本
     四日市コンビナートから立ちのぼる
     赤い光の上で ゆらゆらと揺れる火星を
     スケッチした作品
      作者は女性 小さな望遠鏡で 
      赤い空の中の火星を観測した記録
    「今日も 火星は ゆれています」
      そんな ことばが こころに残っている


     沈む金星
     RICOH GRdigital3

     私の住んでいるところの西に
     製鉄所があります
     高炉を開けて 鉄を取り出すとき
     夜空が 赤く染まります
      小学校のころ 
     天頂近くまでのびる赤い光を 
              覚えています
    「あれは 鉄を取り出している光なんだよ」
     と 教えてもらった記憶があります
    今は そんな赤い光を見ることは ありません


     この日記に載せている 星の軌跡は
     デジタルカメラで 8秒の露出の画像を
     何枚も 重ね合わせて 創っています

     今夜の沈む金星の写真
     高炉の光が写っていました
      空に 光が残っているときから 
      露出を始めているので
     小さく写っています


     空の明るさが 無くなったときからの画像を
     重ね合わせてみました

     私の街の夜空
     RICOH GRdigital3

      空の青い光が なくなると
     見える星の数が 増えてきました
      空の光に 埋めれていた星の光が 
               見えてきたのです
     飛行機の軌跡が 見えてきました
      空の光に 埋もれていた飛行機の光が 
               見えてきたのです
     そして 高炉の赤い光が 大きく伸びてきました
      空の光に 埋もれていた高炉の光が 
               見えてきたのです


     うつくしい夕暮れの光が
      夜の光を 包み込んでいました
       たくさんの星の光も
       人がつくりだした光も

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですか。最近は空が赤く染まることは少ないのですね。
わたくし的には、こないだの「残照」の色が新鮮でしたよ。

金星、少し低くなってきましたね。

Rつさんへ

高炉の数も減ってきたようですが
小学生の頃とは 空の明るさが違うのでしょうね
その頃は 天の川が見えていました
その空に 広がる赤い光は 
とても鮮烈だったことを 覚えています

先日の「残照」は 鮮やかでした
反薄明光線 ご存じですか?
夕暮れ時に 地平線付近にある太陽からの光芒が
対日点(夕方なら東に)その光芒が収束して見える現象です
いつかは と ねらっています
この日 もしかしたら と 思いましたが
残念ながら 見られませんでした
いつか ここで紹介したいと思っています

PS. おそくなりましたが
お怪我がなくて なりよりでした
お見舞い申し上げます
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード