スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたたび神戸

神戸方面に行ってきました

空
RICOH GRdigital3

4月22日も 見上げたポートタワー
今日は 千切れ雲の間に 太陽が輝いていた

写真家 菅原一剛さんは 毎日空の写真を撮っています
光を観るために
日常の上にある”光としての空”を意識する
・・・「多くのことを教えてくれました」
と 菅原さんの語っておられます

毎日 一枚の写真を に憧れて 
写真をノートに貼ったりしてきました
今は 時間日記で 

何かを続ける事
その中から 生まれてくるものがあると思います
毎日 写真を撮ってどうするの?
毎日 空の写真を撮ってどうするの?
目的地が見えないから 何かを感じることができるのだと思います
ゴールが見えていたら そのことにしか目が向かないこともあると思います
できることだったら やってみたい 
そこから 生まれてくるものがある・・かもしれない
そこから 何かが見えてくる・・かもしれない

そんなことを この写真を掲載してみて 思いました

とりあえずやってみようと 思います


こぼれ落ちる
RICOH GRdigital3
メリケン波止場の木
見上げると すごくいい感じの光
iso64 露出+1.7 
ちょっと重たい緑の葉っぱが 明るい緑に
流れ落ちるようなみどり
写真って うそつき?
それとも ひょうげん?

光が描いた絵 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。