新聞

以前 新聞について書いたような・・


新聞を購読する人が少なくなってきている
ネットで見るから 
・・やっぱり 新聞は新聞紙でだよ 紙だよ
ニュースはテレビで見るから
・・コラムや社説などは見られないよ
最近 小さい文字が見えにくくて・・新聞読むのしんどくて
・・同感・・だけど・・



今日の朝刊のコラムと社説

☆放射線衛生学の大学の先生の話☆
研究室の中でいくら考えてもはじまらないと
12年来チェルノブイリの調査を続けている大学の先生
自分の目で見る事の大切さ を感じました
☆簡単な短い言葉で書きましたが 
 原文はもっと深く意味の深いものであることを付け加えておきます


☆地震学の話☆
地震学の研究は 実験で検証することがむずかしい
地震は数百年 数千年単位で起きるため 規則性を見極めためのデータが足りない


朝 ざっと読みました
夜に もう一度 ゆっくりと読んでみようと思ったとき
新聞は別の部屋にありました
じゃネットで と新聞社のサイトにアクセスしてみましたが
社説はどこだ・・
あのコラム なんというコラムなんだ・・
なかなか見つかりません

やっぱり新聞は新聞紙で と思いました




へちまの花
RICOH GRdigital

もうすぐ11月だというのに
ヘチマの花が まだたくさん咲いています
カメラを持って近づいてみると
雄花ばかり・・

コメントの投稿

非公開コメント

新聞購読

やめて3カ月になります
長年の習慣での 朝に夕に新聞受けから取り出し 記事を読む楽しさ、あのわくわく感がついになくなりました。さびしくもあり 記事はやはり紙でないと!って思っています

でも・・・・追い立てられることがなくなってある意味自由になれた気もするのです。毎日2度配達してもらって時間のあるときはゆっくり目を通せるのだけど たてこんでいるときは たまってきて焦っちゃうし 古新聞はどんどんたまってくるし ひとつ仕事がなくなったので楽になりました。大好きだったニュース和歌山の配布もなくなったのだけど これだけネットやTVでいろいろな情報収集ができると あのアナログな新聞紙はいずれなくなってしまうんだろうなあと思います。
毎日の牛乳配達と新聞配達、え?こんなの各家まで人間が配っていたの?って信じられなくなる時代もそう遠くないような。

ゆきうささんへ

朝 新聞が届いてある
夕方 新聞が届く
いつの間にか 当たり前のようになっています
新聞を開くと 一つの記事のとなりに記事がある
辞書をひくと 目的の言葉の周りにたくさんの言葉がある
思わぬ出逢いがある 
意識しないでもそんな楽しみがあるような気がします

紙の手触り インクのにおい 
考えれば記事だけでなく 
いろいろなものが新聞にあるなぁと思います


いずれ新聞もなくなっていくのでしょうか
本もネットで配信している時代になってきましたね
紙の手触りがなつかしい 
そんな時代がすぐそこかも知れませんね
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード