Cresent Moon

三日月は 三日目の月という意味
旧暦では 新月が1日になり月齢が0
新月から数えて3日目の月齢は2
なので 月齢2が本来の三日月なのです

2011年11月27日の月齢は2
夕暮れに 双眼鏡とカメラを持って西の空を眺めました

夕空
Sony CyberShot H-50
この空のどこかに 細い月齢2の月があるはず
双眼鏡で探しました 

雲が広がる西空 
双眼鏡の視野には雲があるばかり・・

古代ローマでは 西の空に細い月が見えると
「月が見えたぞ」と叫んで知らせたそうです
叫ぶということを古代ローマでは「カル」といい
ここからカレンダーという言葉ができたとも言われています

そんなことを思いながら
気分は 時の番人
「今日は 月が見えるはずだ」と
まだ明るい西空に目をこらしていました

発見!
月
Sony CyberShot H-50
月齢2 新月から3日目の細い月を見つけました

サイバーショットで撮影していると
西の厚い雲が切れ始めました
これはいける と ボーグを出動させました

月齢2(三日月)
BORG77ED2 OLYMPUS E-420 テレコン
月齢2の月は ものすごく細いです
「月の剣」「月の眉」などと呼ばれたのもうなづけます
厳密に言えば これが「三日月」なのですね


空が暗くなってくると 金星も見えてきました
月と金星
Sony CyberShot H-50
古い月を抱いた三日月と金星が並んでいます
雲が静かに流れ
美しい光景でした



沈む三日月
RICOH GRdigital
細い月は 
静かに雲に隠れるように沈んでいきました
三日目の月 三日月は細く 低い空に輝いていました

だんだん細くなって 
やがて太陽と同じ方向になって見えなくなった月が
ふたたび 西の空に見えてきたとき
いにしえの人たちは どんなに感じたのでしょう

三日月を英語で「Cresent Moon」と呼びます
「Cresent」は
音楽の”だんだん大きくなる”の「Crescendo」と同じ語源です
また月が大きくなっていくことへの期待が込められているように感じます


月のある風景
Sony CyberShot H-50

三日月は夕方西の空に輝く
まだ道路が土だった頃
友だちと夢中になってビー玉遊びをしていると
いつの間にかあたりが暗くなって 空には三日月がぽつんと輝いていた
そんな記憶があります 
もしかしたら 色々な経験や知識からつくってしまった記憶かもしれません
でも 私の中には 三日月は夕暮れの西空 というイメージがあります

厳密に言えば これが三日月なんだ
これも大切なことかも知れません
でも もっと大切にしたいのは
夕焼けの赤味が残る西空に輝く三日月
三日月のあるうつくしい光景です
三日月が また明日からうつくし光景を見せてくれます


また 新しい月のはじまり
また がんばろうか と思える三日月
三日月は そんなことも感じさせてくれる月です

また 明日 三日月に会えますように・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今宵はこんな素敵な光景があったのですね。
ありがとうございます。

この月、大きくなったら月食ですね。

Rつさんへ

ありがとうございます
日没時には 西の空に雲が多くて
だめかなぁ と思ってました
でも 雲が切れてくれました
雲が切れて 
だんだん月が明るく見え
金星が輝きを増してくる光景は
とても 美しかったです

この月が 大きくなったとき 皆既月食
とても 楽しみにしています 
すばらしい条件での月食ですから・・
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード