スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の日は酸素について考えた

酸素について考えました

空気の組成は 窒素が80% 酸素が20% そして二酸化炭素などが少し
と 学んだことがある

実際の酸素の割合を測定すると 21%くらいになります
私の周りには いつも酸素の割合が大きいのだろうか 

調べてみると
酸素は20,93% 窒素は78,10 78.08 ・・ いろいろある
二酸化炭素は 0.03 0.34% これも変動がある
ということで
酸素は およそ21% 窒素はおよそ78% 残り1%がその他の気体 となるそうだ
しかし これには条件があって 乾燥した空気の場合のことだという

乾燥・・そうか水蒸気も気体なのだから 
水蒸気も実際の空気の組成に組み込まれていることになる

で 調べてみると 空気中の水蒸気は 0%~5%にもなるという
5%!! うそー・・ 5%にもなるのだったら そのときの酸素の割合は・・??

やさしいイチゴ
RICOH GRdigital

調べていると こんなデータがあった
気温40℃ 湿度100%のとき 水蒸気は7,2% 酸素は19,5%
やっぱり 水蒸気が増えると 酸素が少なくなるようだ
そのときの窒素は と計算してみると 73.3%(その他の気体と無視すると)
やっぱり 水蒸気も空気の組成の一部で よく考えると増減の大きな気体のようです

さらに調べていくと 
湿度100%のときの空気の成分ごとの割合のグラフが見つかった
これをみると 水蒸気が増えると 大き減少するのは窒素のようである
とりあえず よかった と思った

ということで 本日は2月22日
にゃんにゃんにゃん 猫の日でした

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。