西空のアーチ

西空のアーチ

日付が変わる頃、西空には大きなアーチが見られます。
写真右からぎょしゃ座のカペラ、ふたご座のカストルとポルックス、こいぬ座のプロキオン。


西空のアーチ文字入り

冬の一等星たちが見事なアーチを描いています。
ぎょしゃ座のβ星(2等星)が絶妙な位置で輝いています。


西空のアーチ星座線
今夜(4月3日)はふたご座で輝く月が加わっていました。


西空のアーチ日周

月が沈むまで、時間を貯めてみると、
月と星の動きに、飛び交う飛行機、自動車、電車、製鉄所の光・・・
とても賑やかな夜の情景を見ることができます。

春さがし

春の野

4月の声を聞いて、天気もポカポカ春になってきました。
春の光が溢れていました。


春の影
芽吹きだした木々の影が美しいです。

・・これを撮影するのはちょっと難しい。
というか・・撮れない。
見ているイメージは真正面から、
カメラが描くイメージはななめから。
影と同じ向きで真正面に向き合うと、自分の影がど真ん中に入ってしまう。

影を撮る
人間の目の素晴らしさを感じる。


春の水仙
交代の時を迎えるスイセン。
冬のイメージを持つ花が、春の光でやわらかく感じる。


開花
桜開花
今年の桜開花は遅いようです。

アルデバラン食

4月1日、アルデバラン食の宵です。

まだ青さが残る夕空で、おうし座の1等星、アルデバランが月に隠されます。
美しいだろうなぁと準備を始めようとしていると、Rつさんからメール。
「せせらぎ公園に向かう」とのこと。

日没

Rつさん到着。懐かしいKさんも一緒に!

アルデバラン食の情景

その後、お仲間たちが集まって総勢6人の観望会。
わいわいとアルデバラン食を眺める。
とっても久しぶりな、懐かしい感じ。


アルデバラン食
春のお椀のような三日月の上にポツンと輝くアルデバラン
月がアルデバランを受けとめようとしているみたい


月ヒアデアスプレアデス
アルデバランが月に隠された
Vの形にならぶヒアデス星団の星たち
アルデバランの代わりに月が輝くヒアデス星団


月とヒアデスとプレアデス
まだ青さが残る夕空に輝く
月の居るヒアデス星団の右下の方にプレアデス星団(すばる)
(大きくして(クリックして)見ると見やすいです)


アルデバラン食の夜
そろそろ食も終わり
冬の星座たちが見えてきました。
オリオンと冬の大三角が美しいです。


地球照とアルデバラン
地球照とアルデバラン


魔法の国から

とけい

時計が届きました。

箱を開けると静かに眠っていました。

ゼンマイを巻くと静かに動き出しました。

魔法の国から

今使っている腕時計は、電波時計でソーラー発電仕様です。
いつも完璧な時を刻んでくれています。
ほかの時計を見ると、「〇分遅れている」と思うことがあります。
私の時計は正確な時刻を刻み続けているのです。

でも、今の生活にそんに正確な時刻が必要なのかと思ってしまうことがあります。
もっと、ゆったりとした時を刻む時計があってもいいのではと思います。

時計職人さんの手作りで、文字も一つ一つペンチで曲げて作られています。
機械式で、毎日デンマイを巻かないと止まってしまいます。
それに、日差±60秒。1日に一分ほどの誤差が出るそうです。


星が出ていなくても、太陽が輝いていなくても、時を知りたい。
そんな思いが込められているような時計です。

タイムパプセルの中には

カメラ(SH3)が故障して入院中・・これで3回目。
そういえば、XF1(カメラ)が乱心したのはいつだったのだろう?
このカメラ(XF1)も2回の入院し、
とある日ご乱心して、露出超オーバーにしか撮れなくなってしまった。
(露出オーバーと言っても、真っ白になるくらいです)
そのままにしてあったXF1を取り出してみると、SDカードが入ったままになっていた。
SDカードに記録されている画像を見ると・・!

紫陽花
紫陽花が咲いていた頃のことです。

紀ノ川河原を散歩していると・・・何かいる。
なんだ?
なんだ。



エイだ
エイだ!


大きいぞ。60cmくらいある。
・・・エイの標準的サイズってこんなものかな。


60cmくらいのエイ


思い出した。 紀ノ川でエイを目撃したことを。

ご乱心したカメラの中のタイムカプセル(SDカード)にこんなものが保存されていました。
プロフィール

時間泥棒

Author:時間泥棒

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日の月
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード